京山 幸枝若(初代)(読み)キョウヤマ コウシワカ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
浪曲師

肩書
浪曲親友協会相談役

本名
小椋 喬(オグラ タカシ)

別名
前名=京山 京太郎

生年月日
大正15年 8月10日

出生地
岡山県 苫田郡鏡野町

経歴
両親とも浪曲師。6歳で初舞台を踏んで以来、両親に連れられて全国行脚。そのため最終学歴は小学校1年1学期。昭和12年京山幸城に入門したが、13年幸城が入隊したため、初代京山幸枝に預けられ、16年初代幸枝若となる。大阪浪曲界の第一人者で、十八番は「会津の小鉄」「左甚五郎シリーズ」「山口組三代目」。ロックバンドや漫才コンビなどとも共演、ファン層拡大に努めた。また52年から再度にわたり浪曲親友協会会長を務めた。平成11年上方演芸の殿堂入り。

受賞
紫綬褒章〔平成3年〕 芸術祭賞優秀賞〔昭和50年〕

没年月日
平成3年 6月24日 (1991年)

家族
息子=京山 福太郎(浪曲師)

伝記
一芸一談惜別 お笑い人 桂 米朝 著相羽 秋夫 著(発行元 筑摩書房東方出版 ’07’01発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報