第一人者(読み)だいいちにんしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

だいいちにん‐しゃ【第一人者】

[1] 〘名〙 ある社会や分野でもっともすぐれていて、他に肩を並べる者がいないほどの人。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
※芭蕉(1922)〈吉田絃二郎〉「名実共に日本の俳壇に於ける第一人者であった」
[2] 戯曲。一幕。真山青果作。明治四〇年(一九〇七)発表。同四四年初演。北極探検から一人生還し、世間の冷笑の中で探検記刊行に執念をかける崎博士が、やがてその行為にむなしさを感じる。イプセンの影響が濃い作者の戯曲の処女作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいいちにん‐しゃ【第一人者】

ある社会や分野で、いちばんすぐれていると認められた人。「臨床医学の第一人者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android