コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左甚五郎 ひだりじんごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左甚五郎
ひだりじんごろう

江戸時代初期の建築,彫刻名工出生地一説播磨といわれるが,紀伊,讃岐ともいわれる。本姓は伊丹,あるいは河合。「左」は左ききだったため,また右腕をなくし左手で仕事をしたためとえられるが,生涯は未詳で伝説的要素が強く諸説がある。寛永 (1624~44) の頃京都で禁裏大工棟梁となり,法橋に叙されたともいう。日光東照宮の『眠り猫』,上野寛永寺鐘楼の『登り竜』などが有名。彫刻の名人としての左甚五郎には,江戸時代講談,歌舞伎による虚構の部分が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

左甚五郎【ひだりじんごろう】

江戸初期の伝説的名工。宮大工の棟梁,宮彫の名人として名をはせ,日光東照宮,上野寛永寺等の造営に従事したなどといわれ,東照宮の眠り猫,上野東照宮の竜などの作者とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左甚五郎 ひだり-じんごろう

江戸時代前期の建築彫刻の名人とつたえられる人物。
寛永(1624-44)のころ活躍したという。各地に甚五郎とその作品にまつわる伝説があり,出身地も播磨(はりま)(兵庫県)明石,紀伊(きい)根来(ねごろ)(和歌山県),讃岐(さぬき)高松など諸説がある。日光東照宮の「眠り猫」,東京上野東照宮の「昇り竜」などが,その作品とされる。生没年に文禄(ぶんろく)3-慶安4年(1594-1651)説がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

左甚五郎

江戸時代に彫物の名手として知られた人物で,日光東照宮の眠り猫,東京上野東照宮の竜など,甚五郎の作品と伝えられる彫物は全国に多数存在する。黒川道祐の『遠碧軒記』(1675)によると,「左の甚五郎と云もの」が「左の手にて細工を上手に」し,京都の北野神社の透彫や豊国神社の竜の彫物を作ったという。この当時すでに甚五郎に関する伝承があったことを示すが,左は姓ではなく左手を示したこともわかる。四国高松の生駒家の分限帳(寛永10〈1633〉年,同16年の2種)に大工頭の甚五郎の名があり,その墓とされるものも現存するが,墓は古いものではない。いずれにせよ甚五郎は伝承上の人物で,庶民の間に生まれた英雄伝説の一種と考えるべきである。江戸中期以降,神社や寺院に彫物を多用することが流行し,これが伝説と結び付いたのであろう。

(西和夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひだりじんごろう【左甚五郎】

江戸時代の彫物の名人と伝えられる人物。日光東照宮の眠り猫,東京上野東照宮の竜など,甚五郎作と伝えられる彫物は全国に多数ある。竜の彫物が毎夜池におりて水を飲んだなど,甚五郎あるいはその作品にまつわる伝説は多く,講談,歌舞伎,落語などにとりあげられている。しかし作品の量の多さや江戸初期から末期にわたる伝承の内容から考えて,実在したと仮定すると何人もの甚五郎がいたことになる。 黒川道祐の《遠碧軒記》には,〈左の甚五郎と云(いう)もの〉が〈左の手にて細工を上手に〉し,京都の北野神社の透彫や豊国神社の竜の彫物がその作品だと書かれており,この時代にすでに甚五郎の存在を語る伝承があったことが判明する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひだりじんごろう【左甚五郎】

江戸初期の大工・彫刻師。播磨の人。徳川家の造営大工の棟梁と伝える。日光東照宮の眠り猫、上野東照宮の竜などを彫ったとされるが、伝説的人物と考えられ、その実体は不明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

左甚五郎
ひだりじんごろう

生没年不詳。江戸初期の大工、彫物(ほりもの)師。播州(ばんしゅう)明石(あかし)(兵庫県)に生まれる。姓は伊丹(いたみ)、名は利勝(としかつ)。京都で禁裏大工与平次について修業後、江戸に出て徳川家の愛顧を受けたと伝える。京都方広寺の鐘楼、日光東照宮、東京・芝の台徳院廟(びょう)、上野寛永(かんえい)寺の造営などに携わり、建築彫刻に妙技を振るい、名声を得たという。日光東照宮の「眠猫(ねむりねこ)」をはじめ、各地にその作と称するものが伝えられているが、その高名は講談により広く流布したものである。彫刻を多用する近世社寺建築を生み出した大工像の典型の1人であるが、実在したか否かはさだかでない。[天田起雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の左甚五郎の言及

【河童】より

… 各地に伝わる河童起源譚のうちで,最も広く流布しているのが,人造人間説である。たとえば天草地方に伝わる話では,左甚五郎が城を造る際,期限内の完成が危ぶまれたので,多くの藁人形を作って生命を吹き込み,その加勢を得てめでたく完成したが,その藁人形の始末に困り,川に捨てようとしたところ,人形たちが,これからさき何を食べたらよいか,と問うたので,甚五郎は〈人の尻を食え〉と言った。それが河童となったという。…

※「左甚五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

左甚五郎の関連キーワード鼈甲斎 虎丸(5代目)鼈甲斎 虎丸(3代目)翁家 さん馬(5代目)日吉川 秋水(初代)京山 幸枝若(初代)瑞泉寺(愛知県)専称寺(山形市)京山 幸枝若千葉県君津市飛騨匠物語三井の大黒塵悟楼左刀梛木美佳波の伊八武市甚七守谷勇人左 卜全粉河寺成相寺京人形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左甚五郎の関連情報