コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事訴訟法 じんじそしょうほう

知恵蔵の解説

人事訴訟法

夫婦や親子関係等の人事に関する訴訟(人事訴訟)について定めた新法(2004年4月1日施行)。人事訴訟の第一審の管轄が、地方裁判所から家庭裁判所に移管された。その上、人事訴訟に係る請求の原因である事実によって生じた損害賠償に関する請求も、家庭裁判所で併せて審理できるようになった。例えば、離婚訴訟において、離婚原因が妻(夫)の不貞(浮気)という場合、この不貞を原因とする妻(夫)に対する慰謝料請求、さらに不貞の相手方である第三者に対する損害賠償請求も、離婚の当否と併せて家庭裁判所で一括して審理される。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人事訴訟法
じんじそしょうほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人事訴訟法の関連キーワード嫡出否認の訴え当事者適格家事調停公開主義職権主義民事訴訟形成力民事法認知和諧

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android