特例(読み)とくれい

精選版 日本国語大辞典 「特例」の意味・読み・例文・類語

とく‐れい【特例】

〘名〙
① 特にもうけた例外。特別な例。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙一四「こは犬猫の特例から」
② 特別な典例
万国公法(1868)〈西周訳〉七「海戦に於て猶準備する特例の条規殊に異なりとする所は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「特例」の意味・読み・例文・類語

とく‐れい【特例】

特別に設けた例外。「今回は特例として認める」
特別の場合に適用される法令規定
[類語]実例一例・具体例・例証たとえ引き合いケース例外用例事例類例好例先例前例作例語例引例症例例示

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android