コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工遺伝子 じんこういでんし

1件 の用語解説(人工遺伝子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

人工遺伝子【じんこういでんし】

遺伝子の構成単位である4種類の塩基を,有機化学的手法を使って人工的に結合させた合成遺伝子。1970年,アメリカのH.コラーナらによって酵母のtRNAが初めて合成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

人工遺伝子の関連キーワード遺伝コード構造遺伝子コドン合成生物学モザイク遺伝子エストロゲン応答配列cdc遺伝子重複(遺伝子の)点突然変異

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工遺伝子の関連情報