コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今州利 いますり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今州利 いますり

?-? 5-6世紀ごろの鋳金工。
和歌山県隅田(すだ)八幡神社所蔵の国宝「人物画象鏡」の製作者。鏡銘によれば,癸未年に開中費直穢人(かわちのあたい-えひと)と2人(開中費,穢人今州利の2人とも)で銅鏡をつくったとある。癸未年についても443年,503年,563年など諸説がある。「こんす(つ)り」ともよまれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今州利の関連キーワード隅田八幡人物画像鏡隅田八幡画像鏡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android