諸説(読み)しょせつ

精選版 日本国語大辞典 「諸説」の意味・読み・例文・類語

しょ‐せつ【諸説】

〘名〙
① いろいろな意見。種々の論説
悉曇蔵(880)二「言五音者呼迦左吒多波也。〈略〉諸説雖多、今拠宗叡、五五字者如次。喉腭齗歯唇声也」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「諸説互に並立して互に和することなきの一事に在り」
② いろいろなうわさ。種々の取り沙汰。
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉八「人の愁ひを串談(じょうだん)に思ふものもあり、諸説(ショセツ)みだれて取止めたる事なけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「諸説」の意味・読み・例文・類語

しょ‐せつ【諸説】

いろいろな説・意見。または、うわさ。「諸説が入り乱れる」「巷間こうかん諸説が飛び交う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android