コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開中費直穢人 かわちのあたい えひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

開中費直穢人 かわちのあたい-えひと

?-? 5-6世紀ごろの鋳金工。
和歌山県隅田(すだ)八幡神社所蔵の国宝「人物画象鏡」の製作者。鏡銘によれば,癸未年に今州利(いますり)と2人(開中費,穢人今州利の2人とも)で銅鏡をつくったとある。癸未年については443年,503年,563年など諸説がある。開中-費直を河内-直と解し,穢人を「あやひと」ともよむが,確証はない。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android