コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開中費直穢人 かわちのあたい えひと

1件 の用語解説(開中費直穢人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

開中費直穢人 かわちのあたい-えひと

?-? 5-6世紀ごろの鋳金工。
和歌山県隅田(すだ)八幡神社所蔵の国宝「人物画象鏡」の製作者。鏡銘によれば,癸未年に今州利(いますり)と2人(開中費直,穢人今州利の2人とも)で銅鏡をつくったとある。癸未年については443年,503年,563年など諸説がある。開中-費直を河内-直と解し,穢人を「あやひと」ともよむが,確証はない。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

開中費直穢人の関連キーワード和歌山県和歌山市岩橋和歌山県和歌山市上野和歌山県和歌山市大谷和歌山県和歌山市加太和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市祢宜和歌山県紀の川市広野和歌山県和歌山市吹上和歌山県和歌山市和歌浦西今州利

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone