今比叡・今日吉(読み)いまひえ

精選版 日本国語大辞典の解説

いま‐ひえ【今比叡・今日吉】

京都市東山区にある新日吉神社のあたりをいう。永暦元年(一一六〇)後白河法皇が比叡山の日吉神社を勧請して法住寺離宮の鎮守神とした。いまひえい。
※平家(13C前)六「新比叡(いまびゑ)、新熊野(いまぐまの)なんどもまぢかう勧請し奉り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android