日吉神社(読み)ひえじんじゃ

デジタル大辞泉プラス「日吉神社」の解説

日吉神社

岐阜県安八郡神戸町にある神社。817年創祀とされる。祭神大己貴神(おおあなむちのかみ)。三重塔は国の重要文化財指定。「山王さん」とも呼ばれる。毎年5月に行われる、神戸山王まつりが有名。

日吉神社

東京都昭島市にある神社。古くは「山王大権現」と呼ばれた。明治神仏分離の際に改称。祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)、羽山戸命(はやまどのみこと)、香山戸命(かやまどのみこと)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域遺産「日吉神社」の解説

日吉神社

(愛知県岡崎市美合町字西屋敷149-1)
ふるさとの森」指定の地域遺産。
面積3,250【m2

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android