コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮守神 ちんじゅがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮守神
ちんじゅがみ

特定の地域や建造物を守護するために,その地域の一角に祀られる鎮守の考え方は,中国大陸から伝来したもので,寺院の伽藍を守護する神が起源である。現在,村や町の鎮守神といえば,氏神産土神 (うぶすながみ。生れた土地の神) と同じ意味に受止められているが,これは近世以降の現象である。近世の村落では神社と寺が並列していた。かつては土地の守護神や旧家を中心に祀られる同族神が産土神や氏神であったが,それらが神仏習合のもとで寺院側の管理を受けるようになり,そこで寺院の境内に祀られている鎮守神と混同されるようになったのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちんじゅ‐がみ【鎮守神】

国・村・城・寺院など、一定の地域や造営物を守護するために祭られた神。のちには氏神産土(うぶすな)神と区別しがたくなったものも多い。鎮守。鎮守の神。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎮守神【ちんじゅがみ】

一定の地域や施設を守護する神。近世以降は村落鎮守が普通で氏神産土(うぶすな)神と混同されるが,本来は一国鎮守(各国一宮),王城鎮守,城内鎮守(江戸城の山王神社),寺院鎮守(東大寺八幡神)などがあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の鎮守神の言及

【鎮守】より

…鎮主とも書く。もと鎮安守護の意で鎮守府,鎮守使など一般に形容語とするが,日本では平安朝以来独立の成語として鎮守神をさす。もと大乗仏教の護法善神の思想により寺院の守護神として勧請(かんじよう)したもので,興福寺の春日明神,高野山の丹生(にう)明神,比叡山の山王権現,東寺の鎮守八幡宮など多くは寺院の建立以前からの地主神(じぬしがみ)を改めてまつった。…

※「鎮守神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮守神の関連キーワード日吉大社(ひえたいしゃ)三社祭(東京都)檜枝岐(村)伏見稲荷大社手向山神社神道用語集金毘羅信仰隅田八幡宮大神杜女御嶽神社稲荷信仰山王信仰本地垂迹民間信仰新羅明神初漁祝い鎮守の社稲佐神社清滝権現耀天記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮守神の関連情報