コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介護予防 かいごよぼう

知恵蔵の解説

介護予防

高齢者が要介護状態になるのを防いだり、要介護状態の人が悪化するのを防ぎ、改善を図ること。2005年の介護保険制度改革(介護保険改革)で導入された。要介護認定で軽度の要支援1、2の人に対する新予防給付と、介護が必要になる可能性が高い人向けの地域支援事業からなる。新予防給付の対象者は介護認定審査会で決定される。給付は、訪問介護やデイサービスを予防型に変えたメニューのほか筋力トレーニングや栄養改善、口腔ケアなど新しいメニューも追加される。予防プランは、市町村が設置する地域包括支援センターの保健師らが作成する。地域支援事業は、寝たきりや認知症などで要介護状態になる前に介護予防を図る事業。年1回の介護予防検診や転倒・骨折予防教室、認知症介護教室などのサービスが中心になる。財源は介護保険財政を充て給付費の2%以内とされている。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいご‐よぼう〔‐ヨバウ〕【介護予防】

介護が必要になることをできるだけ遅らせ、介護されるようになってからは、その状態を維持、改善して悪化させないようにすること。介護保険制度の基本理念。また、それを目的とした介護予防サービス介護予防事業などの取り組み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

介護予防の関連キーワード介護保険改革(2005年)ロコモティブシンドローム小規模多機能型居宅介護シマネスクくにびき学園介護予防と特定高齢者地域包括ケアシステム介護保険制度の改正介護保険被保険者証セントラルスポーツ日本ケアサプライ高齢者虐待防止法日本メディックス介護保険法改正ペルビー貴子一次予防事業介護サービス配食サービス二次予防事業特定高齢者フットケア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介護予防の関連情報