仮分数(読み)かぶんすう

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ぶんすう【仮分数】

〘名〙 分子が、分母より大きいか、あるいは分母に等しい分数。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仮分数の言及

【分数】より

… 一つの分数b/aの分母,分子に0でない数cを掛けたbc/ac,cで割った(b/c)/(a/c)を作っても分数の値は変わらない。分母,分子が自然数の分数b/aにおいて,baのときb/aは仮分数であるといい,baのときb/aは真分数であるという。b/aが仮分数であるとき,その値は(q,rはそれぞれbaで割ったときの商と余り)である。…

※「仮分数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android