伊勢原八幡台石器時代住居跡(読み)いせはらはちまんだいせっきじだいじゅうきょあと

国指定史跡ガイドの解説


神奈川県伊勢原市八幡台・東大竹にある縄文時代中期から後期の集落跡。鈴川と渋田川に挟まれた舌状台地の先端に位置する。1933年(昭和8)に第1号敷石住居跡が、翌1934年(昭和9)に第2号敷石住居跡がそれぞれ調査された結果、第1号は南北6m、東西3.4mの楕円形に扁平な安山岩を敷き詰めたもので、約150m離れた第2号は柄鏡形に河原石を敷いたものであることがわかった。当時まだ敷石住居の類例が少なかったため、同年に2ヵ所が国の史跡に指定された。その後、1979年(昭和54)に2号住居の隣接地の開発にともなう調査で、敷石住居1棟を検出。さらに、1990年(平成2)にも調査が行われ、敷石住居のほか掘立柱建物跡2軒、竪穴(たてあな)住居1軒、土坑墓19基などが検出され、注口(ちゅうこう)土器や東北系の土器が出土した。小田急電鉄小田原線伊勢原駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android