伊東 俊夫(読み)イトウ トシオ

20世紀日本人名事典の解説

伊東 俊夫
イトウ トシオ

昭和期の解剖学者 群馬大学名誉教授。



生年
明治37(1904)年8月5日

没年
平成3(1991)年7月6日

出身地
愛知県常滑市

学歴〔年〕
慶応義塾大学医学部〔昭和5年〕卒

学位〔年〕
医学博士

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和50年〕,日本学士院賞(昭和54年度)「肝臓の脂肪摂取細胞に関する研究」

経歴
昭和9年慶応義塾大学医学部助教授、16年東京女子医学専門学校、23年前橋医学専門学校・前橋医科大学各教授、29年群馬大学医学部教授、36年医学部長を歴任。のち退官、名誉教授となり、帝京大学客員教授を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊東 俊夫 (いとう としお)

生年月日:1904年8月5日
昭和時代の解剖学者。群馬大学教授
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android