コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良湖岬灯台

デジタル大辞泉プラスの解説

伊良湖岬灯台

愛知県田原市、渥美半島先端の伊良湖岬にある灯台。初点灯は1929年。高さは14.8m。「日本の灯台50選」のひとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の伊良湖岬灯台の言及

【伊良湖岬】より

…《万葉集》の昔から詩歌などにしばしば登場した景勝の地で,古来,伊勢国の名所とされており,伊勢街道(熊野街道)の要地として対岸の鳥羽と渡し船で結ばれていた。伊良湖岬と神島の間の伊良湖水道は日本三大潮流の一つにも数えられる航海の難所で,岬の先端にある伊良湖岬灯台は1929年に点灯,灯高15m,光達距離12.5マイルである。伊良湖港(1963完成)は初め漁船の避難港として築かれたが,鳥羽,師崎(もろざき),篠島,西浦と結ばれる船の発着港となり,港周辺には観光施設が整備されてきた。…

※「伊良湖岬灯台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊良湖岬灯台の関連キーワード愛知県田原市伊良湖町愛知県田原市伊良湖水道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊良湖岬灯台の関連情報