伊藤 為吉(読み)イトウ タメキチ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 為吉
イトウ タメキチ

明治〜昭和期の建築家,発明家



生年
元治1年(1864年)

没年
昭和18(1943)年5月

出生地
三重県松阪市

経歴
明治15年上京、尾崎行雄家の書生をしながら工部大学の自由研究生として機械学を学んだ。18年渡米、建築実務を学んで21年帰国。ドライ・クリーニングや種々の事業を手掛けた後、伊藤組工作所を設立、独自の耐震家屋設計、施工に従事した。郡司大尉の千島探検用に耐寒組立家屋を造ったり、鉄筋コンクリートの万代塀など発明的な建造物を手がけた。42年には職工教育実施会を設け、職工軍団を編成、建築労働者の地位と品位向上を図った。晩年大阪に研究所を設け、耐震家屋の普及に努め、永久機関の発明に心血をそそいだ。伊藤道郎、熹朔、千田是也ら兄弟の父。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android