コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄筋コンクリート てっきんコンクリートreinforced concrete

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄筋コンクリート
てっきんコンクリート
reinforced concrete

鉄筋で補強したコンクリート。コンクリートの中に棒状の鋼材 (鉄筋) を埋込んで,圧縮力に強いコンクリートと,引張り力に強い鉄筋の両者の特性を生かした構造材。コンクリートの中で鉄筋は錆びにくく,コンクリートと鉄筋は付着力が強く,熱膨張率が近似しているなど,両者の組合せはきわめて合理的で,耐火,耐震,耐久構造方法として,土木建築に欠かせないものとなっている。フランスの技術者 J.モニエ (1823~1906) の発明とされているが,19世紀末における鉄筋コンクリートの出現は,ヨーロッパ,アメリカの新建築運動と結びつき,産業の発展に支えられて,建築の様式と構造技術に新生面を開き,煉瓦造や石造では不可能な大きな開口,スパンの大きい屋根や橋,柱と梁をなくした広い空間,高層ビルの建設へと発展した。鉄筋コンクリートは基礎工事,骨組構造,構造材として広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てっきん‐コンクリート【鉄筋コンクリート】

鋼材を組み合わせ、周りをコンクリートを打ち込んで固めたもの。圧力にも引っ張り力にも強く、建造物の耐久・耐震性を高める。RC(reinforced concrete)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉄筋コンクリート【てっきんコンクリート】

RC(reinforced concreteの略)とも。引張りに強い丸棒鋼と圧縮に強いコンクリートを組み合わせた構造材料。19世紀半ばに発明され,20世紀になって土木・建築の各方面で多用されるようになった。
→関連項目赤煉瓦エンヌビク骨材

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てっきんコンクリート【鉄筋コンクリート reinforced concrete】

RCとも略称される。コンクリート中に鉄棒を埋め込んでつくられた複合材料で,コンクリートと鉄棒の両者が一体となって外力に抵抗する。コンクリートは,耐火性,耐久性,耐水性に富み,相当の圧縮強度を有し,構造材料としての広い用途をもっている。しかしながら本質的な欠点として引張りに対してはきわめて弱く,引張強度は,ふつう圧縮強度の7~10%程度にすぎない。一方,鉄棒は引張りに対しては強いが,曲がりやすく,圧縮力を受けるのには適していない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てっきんコンクリート【鉄筋コンクリート】

圧縮力に強いコンクリートに、引張力に強い鉄筋を補強として埋め込んで一体としたもの。耐久性・耐火性・耐震性のある建造物をつくりだす。 RC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

てっきんコンクリート【鉄筋コンクリート】

鉄筋を組み合わせて芯にし、周りをコンクリートで固めたもの。建築物の構造に用いる。引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートを組み合わせて強度を高めた、耐久性・耐火性にすぐれたものとされる。◇「RC」ともいう。これを用いた構造を「鉄筋コンクリート造」「RC造」という。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の鉄筋コンクリートの言及

【コンクリート】より

…コンクリートが硬化するまでは水を静止させておかなければならない。繊維補強コンクリートfiber reinforced concreteコンクリートにガラス質,あるいは鋼製の繊維を混入したもの。鋼繊維補強コンクリートとガラス繊維補強コンクリートがある。…

【近代建築】より

…オーストリアのO.ワーグナーは《近代建築Moderne Architektur》(1895)を著して近代運動の先駆となり,その影響下にベーレンス,ロース,J.ホフマンらを輩出した。またフランスではA.ペレが古典主義の造形を基調にしたコンクリート造建築をつくり,鉄筋コンクリート技術者エンヌビクFrançois HennebiqueやボドAnatole de Baudotらによる試みをさらに発展させた。都市のイメージに対しても,1918年T.ガルニエが〈工業都市〉案を提出し,中世都市をモデルとする都市理念を払拭した。…

【コンクリート】より

…しかし構造用材料として本格的に用いられるようになったのは,18世紀の終りに水硬性セメントが発明されてコンクリートが石材に代りうる強さを獲得してからのことである。さらに19世紀以降は補強材としての鋼材を用いた鉄筋コンクリートの出現や,水とセメントとの比率の研究,コンクリートの性質を向上させる各種の混和材料の発明,新しい施工法の開発などとあいまって,土木・建築用材料として飛躍的な発展を遂げ今日に至っている。日本にコンクリート技術が導入されたのは1900年前後であるが,欧米諸国ではコンクリートの各種の方面への利用の実現性を図っていた時期とほぼ一致していたこと,また関東大震災により従来の煉瓦造が壊滅的な被害を受け,鉄筋コンクリート構造の耐震性,耐火性が認識されたことなどからコンクリートの利用が広範に推し進められた。…

【鉄筋コンクリート造建築】より

…主要骨組みを鉄筋コンクリートで構成する構造を鉄筋コンクリート造reinforced concrete constructionといい,鉄筋コンクリート造による建築を鉄筋コンクリート造建築と呼ぶ。RC造建築ともいう。…

※「鉄筋コンクリート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄筋コンクリートの関連キーワードモニエ(Joseph Monnier)ノートル・ダム・デュ・ランシー聖堂鉄骨鉄筋コンクリート造建築アナトール・デ ボードー鉄骨鉄筋コンクリート構造プレキャストコンクリート鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造建築ウジューヌ フレッシネ鉄筋コンクリート構造鉄骨鉄筋コンクリートcorporusepreconオープン工法ビルディングラーメン構造アンヌビクポンツーンダブル配筋日比 忠彦

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄筋コンクリートの関連情報