コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊須気余理比売 いすけよりひめ

1件 の用語解説(伊須気余理比売の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いすけよりひめ【伊須気余理比売】

古事記》に伝えられる神武天皇の皇后。その出生譚は〈丹塗矢(にぬりや)〉型の神婚説話である。三輪(みわ)の大物主神(おおものぬしのかみ)が美女,勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)に思いをかけ,その用便中に丹塗矢と化して〈ほと(陰部)〉を突いた。丹塗矢はまた美丈夫と変じて娘と婚し,生まれたのが富登多多良伊須須岐比売(ほとたたらいすすきひめ)だが,〈ほと〉の名をにくんで上記の名に改めたという。イスケは〈いすすき(身震いする)〉にもとづき,ヨリは神霊の依(よ)り憑(つ)く意を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊須気余理比売の関連キーワード古事記宮崎神宮神武天皇祭久米歌神武東征伝説伊香色謎命磐之媛命大酢別皇子河俣毘売橘皇女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊須気余理比売の関連情報