伊須気余理比売(読み)いすけよりひめ

世界大百科事典 第2版の解説

いすけよりひめ【伊須気余理比売】

古事記》に伝えられる神武天皇皇后。その出生譚は〈丹塗矢(にぬりや)〉型の神婚説話である。三輪みわ)の大物主神(おおものぬしのかみ)が美女,勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)に思いをかけ,その用便中に丹塗矢と化して〈ほと(陰部)〉を突いた。丹塗矢はまた美丈夫と変じて娘と婚し,生まれたのが富登多多良伊須須岐比売(ほとたたらいすすきひめ)だが,〈ほと〉の名をにくんで上記の名に改めたという。イスケは〈いすすき(身震いする)〉にもとづき,ヨリは神霊の依(よ)り憑(つ)くを示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android