コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪 みわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三輪
みわ

福岡県中部,筑前町南東部の旧町域。筑紫平野の北部にある。 1962年町制。 2005年夜須町と合体して筑前町となる。大部分は三郡山地西麓扇状地で,米作のほかムギ,野菜,ブドウなどの栽培が行なわれる。古社の大己貴神社や国指定史跡で装飾古墳仙道古墳がある。

三輪
みわ

奈良県奈良盆地南東部,桜井市北部の集落。三輪山の西麓に位置する。旧町名。大和一ノ宮の大神 (おおみわ) 神社 (境内は史跡) の鳥居前町,伊勢参詣の上街道の宿場町として発展。付近は古社寺が多く,古くからミカン,三輪そうめんの産地として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐りん【三輪】

三つの輪。
三輪車」の略。「オート三輪
仏語。
㋐この世の地下にあって世界を支えているという金輪(こんりん)水輪風輪三つ
㋑仏の身・口(く)・意の三業(さんごう)。転輪王輪宝にたとえていう。
淘宮術(とうきゅうじゅつ)で、生まれた年月日干支(えと)

みわ【三輪】

奈良県桜井市の地名。三輪山の西麓にあり、大神(おおみわ)神社の鳥居前町。三輪素麺(そうめん)の産地。
謡曲。四番目物玄賓僧都(げんぴんそうず)が毎日庵を訪れる一人の女に衣を与えたが、三輪の神杉にその衣がかかっているというので行ってみると、三輪明神が現れて三輪の神話を語り、天の岩戸の神楽を舞う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三輪【みわ】

奈良県桜井市の一地区。旧大三輪町の中心で,古くから大神(おおみわ)神社の鳥居前町,市場町,宿場町としてにぎわった。三輪山麓に古い山辺(やまのべ)の道が通じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みわ【三輪】

奈良県桜井市北部,三輪山のふもとの大神(おおみわ)神社(大和国一宮)などのある一帯の大字名。神体山として信仰された三輪山の山腹には奥津,中津,辺津の三つの磐座(いわくら)の巨石群も残る,初期大和政権とのかかわりの深い地域である。付近には古代海柘榴市(つばいち)があったと推定され,上ッ道と初瀬(はせ)川の交わる水陸交通の要地でもあった。のちには上街道に沿う商業地として,また大神神社の鳥居前町として発展し,旅籠屋(はたごや)や商家が軒を並べた。

みわ【三輪】

能の曲名。四番目物。作者不明。シテは三輪明神の神霊。大和の三輪に住む玄賓僧都(げんぴんそうず)(ワキ)のもとに,1人の女(前ジテ)が来て衣を1枚恵んでほしいと願う。僧都が与えて住みかを聞くと,三輪山の杉のあたりと言って消え失せる。僧都が訪ねると神木の杉に与えた衣が掛かっていて,その裾に神託の和歌が託してあった。やがて巫女(みこ)の姿を借りた神霊(後ジテ)が烏帽子(えぼし),狩衣(かりぎぬ)の男の衣装で現れ,三輪明神にまつわる上古の伝説を物語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんりん【三輪】

三つの輪。 「オート-」
〘仏〙
大地を支えている、金輪こんりん(または地輪)・水輪・風輪の称。
仏が衆生しゆじようを教化するときに用いる、身・口・意の三業さんごう
施者と受者と施物。

みわ【三輪】

奈良県桜井市の地名。三輪山の西麓にあり、大神おおみわ神社の鳥居前町として発展。

みわ【三輪】

姓氏の一。

みわ【三輪】

能の一。四番目物。三輪山伝説などに基づき、三輪の神杉の下枝にかかった僧衣をめぐって前段を成し、やがて三輪明神が現れ、天の岩戸の神楽かぐらを舞う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三輪の関連キーワード三輪素麺・三輪素麵・三輪索麺・三輪索麵・三輪素麪・三輪索麪ロードフォックス恋そうめんの日ATC200X車椅子マラソン奈良県桜井市ジャイロUPトライシクルオート三輪佐野の渡り卑弥呼五彩掃部角麻呂銘品 白髪三輪の糸依三輪山伝説ジャスト緒方惟正三輪神道麺つづりトライク

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三輪の関連情報