神婚説話(読み)しんこんせつわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神婚説話
しんこんせつわ

神と人間との神秘的な婚姻に関する説話霊界,神界の者と人間界の者とが,ある特殊な状態,事情,すなわち勤労奉仕によるとか,仙界にいたって配偶者を得るとか,配偶者を強奪するとか,神霊や自然霊が人間に変身するとかして結婚するという説話群である。これは諸民族に伝えられる説話のなかでとりわけ多い説話であり,超自然力との交接による霊力の獲得,超自然力との接触の理想が背後にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんこん‐せつわ【神婚説話】

〘名〙 神または神性を有する者と人間との結婚を主題とした説話。三輪山伝説、羽衣伝説、浦島伝説などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神婚説話の言及

【伊須気余理比売】より

…《古事記》に伝えられる神武天皇の皇后。その出生譚は〈丹塗矢(にぬりや)〉型の神婚説話である。三輪(みわ)の大物主神(おおものぬしのかみ)が美女,勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)に思いをかけ,その用便中に丹塗矢と化して〈ほと(陰部)〉を突いた。…

※「神婚説話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android