コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休業給付 キュウギョウキュウフ

デジタル大辞泉の解説

きゅうぎょう‐きゅうふ〔キウゲフキフフ〕【休業給付】

通勤災害に対して給付される労災保険の一。通勤途中の負傷・疾病の治療のため労働できず、賃金を受けられない場合に、休業4日目から1日につき給付基礎日額の60パーセントが支給される。ほかに、特別支給金として給付基礎日額の20パーセントが支給される。業務災害の場合は休業補償給付という。
[補説]給付基礎日額は、原則として災害発生日以前3か月間に支払われた賃金の総額をその期間の暦日数で割った額。算定額が別途規定された最低保障額に満たない場合、最低保障額が適用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

休業給付の関連キーワード国家公務員共済組合地方公務員共済組合育児・介護休業法雇用継続給付制度育児休業給付金一億総活躍社会雇用継続給付雇用保険法介護休業平均賃金雇用保険育児休業育児休暇短期給付

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休業給付の関連情報