別途(読み)べっと

精選版 日本国語大辞典「別途」の解説

べっ‐と【別途】

〘名〙
① ほかの道。他方の道。〔徐陵‐隴頭水楽府〕
② 別の方面。ほかの方法。別の範疇(はんちゅう)。また、別の使い方。副詞的にも用いて、別に。他に。
※東京日日新聞‐明治七年(1874)七月二日「但ペン、インキ等相用候節は、別買上相渡可申事」
※野分(1907)〈夏目漱石〉一一「学者と町人とは丸で別途(ベット)の人間であって」 〔法華文句記‐二・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「別途」の解説

べっ‐と【別途】

別の方法・用途。副詞的にも用いる。「別途の目的に使用する」「交通費は別途支給する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android