会津焼(読み)あいづやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会津焼
あいづやき

福島県西部,会津美里町東部の旧会津本郷町域を中心として,その近辺で産する陶磁器会津本郷焼本郷焼とも呼ばれる。美濃国 (岐阜県) の陶工水野源左衛門成治が,岩代国 (福島県) 長沼に来て陶器を焼いたのに始まり,のちに彼が本郷村に移窯し,正保4 (1647) 年藩主保科正之の援助を得てから発展した。源左衛門の没後,弟長兵衛成長が跡を継ぎ,石灰や煉瓦なども焼成して名をあげ,藩主より「瀬戸右衛門」の名を与えられて,陶器の本系で代々その名を襲名。寛政年間 (1789~1801) に陶工佐藤伊兵衛は,瀬戸,信楽 (しがらき) ,京都,有田などを訪れて製磁法を研究して帰り,寛政 12 (1800) 年に白磁の焼成に成功。これより会津でも磁器窯が増した。磁器は伊万里風 (幕末頃) で,明治以降には急須や土瓶の焼成が主流となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あいづやき【会津焼】

会津地方で産出する磁器。日用品が多い。本郷焼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会津焼の関連情報