コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝心法要 でんしんほうようChuan-xin-fa-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝心法要
でんしんほうよう
Chuan-xin-fa-yao

中国,唐代の相国裴休 (はいきゅう) の編。『黄檗山断際禅師伝心法要』の略称。1巻。裴休が竜興寺開元寺などで希運禅師の提唱を集めて編纂したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

伝心法要の関連キーワード北条顕時金沢顕時黄檗希運

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android