提唱(読み)ていしょう

デジタル大辞泉の解説

てい‐しょう〔‐シヤウ〕【提唱】

[名](スル)
意見・主張などを唱え、発表すること。「改革を提唱する」
禅宗で、師家(しけ)が宗旨の要綱大衆に提示して説法すること。提綱。提要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていしょう【提唱】

( 名 ) スル
新しい考えを人に先立って主張すること。 「協会の設立を-する」
禅宗で、教義の大綱を示し、説法すること。提綱。提要。
語録などの禅書の講義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐しょう ‥シャウ【提唱】

〘名〙
① 禅宗で、大衆に宗旨の大綱を説き示すこと。提綱。
※門(1910)〈夏目漱石〉二〇「提唱(テイシャウ)と云ふのが、学校でいふ講義の意味である事さへ、此所へ来て始めて知った」 〔禅苑清規‐二・小参〕
② 事に先立って意義を説き示すこと。主義・主張を説いて呼びかけること。
※宗教哲学骸骨(1892)〈清沢満之〉四「抑因果の理法といひ充理の原則といふは共に前後二項の事実に必然の関係あることを提唱するものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の提唱の言及

【雲水】より

…座禅をくみ,入室問法(につしつもんぽう)(独参。修行者が1人で師の室中に入って教えを仰ぐこと)し,提唱(宗旨の大要を提起して説くこと)をきき,作務(さむ)(採薪や掃除等の労務)を行い,托鉢(たくはつ)(行乞(ぎようこつ))をする。臨済禅での独参は,雲水が師から公案をもらい,その所解を呈するところであり重視される。…

※「提唱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

提唱の関連情報