コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低温殺菌法 ていおんさっきんほうpasteurization

翻訳|pasteurization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温殺菌法
ていおんさっきんほう
pasteurization

L.パスツールがワインの変敗防止のために創案した低温加熱殺菌法。そのためパスツリゼーションと呼ぶ。現在は牛乳の殺菌に広く用いられ,そのほか種々の食品にも応用されている。 100℃以下で数十分加熱するが,殺菌条件は,熱抵抗性の最も強い結核菌が死滅する温度と,材質が変化しはじめる温度との中間帯を選んで決める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

低温殺菌法の関連キーワード低温殺菌火入れ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android