材質(読み)ざいしつ

精選版 日本国語大辞典「材質」の解説

ざい‐しつ【材質】

〘名〙
木材の性質。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉四上「質の植物、其幹の上部に至らざれば、枝を生ぜざる者を、喬木と名つけ、幹の下部より枝を生ずる者を、灌木と名つく」
② 材料のもつ性質。材料の質。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉四「元来此ビールは中等の材質なるに、かく強記にして善く事を論ずる程になりたるは、幼時より其父の善く工夫を用ゐて慣習せしめしによりてなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android