コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住所地特例(読み)ジュウショチトクレイ

デジタル大辞泉の解説

じゅうしょち‐とくれい〔ヂユウシヨチ‐〕【住所地特例】

高齢者や障害者が住所地以外の市区町村にある介護保険施設等に入る場合、それまで住んでいた市区町村が引き続き保険者として費用を負担するという社会保険制度の特例措置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住所地特例

介護保険制度などで、被保険者の住所地の自治体が保険者になると定めた「住所地主義」の特例。施設が集中する自治体の財政負担を軽減する。被保険者が住所地以外の入所施設に転居した場合に適用される。

(2010-02-28 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android