佐々木 平次郎(読み)ササキ ヘイジロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「佐々木 平次郎」の解説

佐々木 平次郎
ササキ ヘイジロウ


肩書
衆院議員(政友会)

生年月日
明治6年4月22日

出身地
秋田県由利郡金浦町

経歴
北海道函館で漁業を経営。樺太定置漁業水産組合長、露領水産組合評議員を務め、北日本汽船、北海鉄道各重役、樺太漁業、佐々木倉庫、壽都鉄道各社長。早くから政友会に属し、北海道3区から衆院議員当選6回。議員代表としてウラジオ派遣軍慰問、日露漁業交渉のためウラジオに数回渡った。また漁業条約改訂顧問としてモスクワにも出張。

没年月日
昭和10年4月21日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android