コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日露漁業交渉 にちろぎょぎょうこうしょう

百科事典マイペディアの解説

日露漁業交渉【にちろぎょぎょうこうしょう】

北西太平洋での漁船の操業をめぐり,日本・ロシア(1991年12月まではソ連)間でさまざまな取決めがなされてきた。1956年にはソ連との間で日ソ漁業条約が締結されたが,1977年,ソ連は200カイリ水域を設定したのに伴いこれを破棄し,同年,新たに日ソ漁業暫定協定が発効した。
→関連項目高碕達之助

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日露漁業交渉の関連キーワードサケ・マス漁業佐々木 平次郎佐々木平次郎水産物貿易海洋法条約堤 清六北洋漁業漁業水域公海

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android