佐々木幸八(2代)(読み)ささき こうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木幸八(2代) ささき-こうはち

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
初代佐々木市蔵の門弟。宝暦13年(1763)佐々木幸八(師の前名)を襲名,初代常磐津若太夫(ときわず-わかたゆう)の立(たて)三味線をつとめた。若太夫が常磐津家元から脱退し,明和6年(1769)富士岡流をおこすと,これにしたがった。前名は佐々木市十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android