佐竹 延長(読み)サタケ ノブナガ

20世紀日本人名事典の解説

佐竹 延長
サタケ ノブナガ

明治・大正期の国学者



生年
弘化4年(1847年)

没年
大正5(1916)年7月

出生地
出羽国西村山郡大井沢村(山形県)

経歴
代々出羽三山の先達の家に生まれ、兄・慶山と共に年少より信徒を伴い三山を巡拝する。出羽鶴岡藩校・致道館、のち江戸で学び、帰郷して開塾、多くの子弟を養成した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android