山形県(読み)やまがた

  • やまがたけん
  • 山形〔県〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面積 9323.15km2(境界未定)。
人口 112万3891(2015)。
年降水量 1163.0mm(山形市)。
年平均気温 11.7℃(山形市)。
県庁所在地 山形市
県木 サクランボ(→セイヨウミザクラ)。
県花 ベニバナ
県鳥 オシドリ

東北地方の南西部,日本海にのぞむ県。東を奥羽山脈,南に飯豊,吾妻山地,西に出羽山地があり,中央部を最上川が貫流する。地形と気候において盆地状の内陸部と日本海沿岸の庄内地方に区分される。和銅5 (712) 年出羽国がおかれ,平安時代には奥州藤原氏の勢力下にあったが,戦国時代には最上氏所領となった。江戸時代には盆地,平野ごとの小藩に分割統治されていたが,明治4 (1871) 年廃藩置県により山形県となり,1876年現在の県域となる。産業は米作,果樹の栽培を主とする農業が中心。米の単位面積あたりの収量は,全国1~2位を占める。米沢市や長井市では伝統的な繊維産業がみられるほか,山形市,酒田市を中心に電気機器,機械金属,食品加工業などの工場が立地し,工業化が進んでいる。山形市の鉄瓶,天童市の将棋駒,米沢市の織物などの在来産業も盛ん。磐梯朝日国立公園,蔵王,栗駒,鳥海国定公園をはじめ県南,天童高原,御所山,庄内海浜,最上川,加無山 (かぶやま) の各県立自然公園がある。 JR奥羽本線が東部の盆地と平野地域,JR羽越本線が日本海側をそれぞれ北上し,JR米坂線と陸羽西線が内陸と日本海側を結んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

東北地方南西部に位置する県。西側は日本海に面する。蔵王・月山・鳥海をはじめとする山々に囲まれ、米沢山形新庄の各盆地があり、庄内平野を最上川が流れる。大きくみて、南から置賜・村山・最上・庄内の4つの地域に分けられる。年間を通じて寒暖の差が激しく、内陸部と沿岸平野部の地域では気候が異なる。農業や電気機器産業が盛ん。県花は、べにばな。県木は、さくらんぼ県鳥は、オシドリ。県魚は、サクラマス。県獣は、カモシカ。

[山形県のブランド・名産品]
悪戸いも | 温海かぶ | 羽越しな布 | 置賜紬 | 尾花沢すいか | 刈屋梨 | 小真木大根 | さくらんぼ | 庄内柿 | 西洋梨(ラ・フランス) | だだちゃ豆 | 天童将棋駒 | 外内島きゅうり | 花作大根 | 平田赤ねぎ | 民田なす | 山形鋳物 | 山形おきたま産デラウエア | 山形青菜 | 山形佛壇(山形仏壇) | 山形ワイン | 米沢織 | 米沢牛

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

東北地方南西部の県。明治元年(一八六八)に出羽国から分かれた羽前国と羽後国の一部分とにあたる。同四年の廃藩置県により、米沢、山形、上山、天童、新庄、鶴岡、松嶺の七県が成立。のち米沢県は置賜(おきたま)県に、松嶺県は酒田県に改称され、さらに置賜、山形、鶴岡の三県に統合され、同九年三県が合併して現在の県域が定まる。県庁所在地山形市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山形県の関連情報