コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三山 サンザン

5件 の用語解説(三山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやま

福岡県南部にある市。平成19年(2007)1月、瀬高町・山川町・高田町が合併して成立。長茄子などの野菜や果実の生産が、海岸部では海苔の養殖が盛ん。人口4.1万人(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

三山

出羽三山▽月山(がっさん)、羽黒(はぐろ)山、湯殿(ゆどの)山
大和三山▽畝傍(うねび)山、香具(かぐ)山、耳成(みみなし)山

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんざん【三山】

三つの山。大和やまと三山(香具山かぐやま・畝傍山うねびやま・耳成山みみなしやま)・熊野くまの三山(熊野本宮・新宮・熊野那智大社)・出羽でわ三山(月山がつさん・湯殿山・羽黒山)など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三山
さんざん

14世紀から15世紀初期の沖縄に存在した三つの小国家の総称。沖縄本島の北部一帯に山北(さんほく)(または北山(ほくざん))が、中部地方に中山(ちゅうざん)が、南部地方に山南(さんなん)(南山(なんざん))が鼎立(ていりつ)し抗争を繰り返していた。
 12世紀前後から沖縄では按司(あんじ)とよばれる首長が登場し、それぞれ政治的地域小単位を形成して、相互に対立を繰り返すようになった。この争乱のなかから、より強大化した按司が出現し、他の按司を従属させて広域的な勢力圏を構築するようになる。やがて沖縄本島を中心に三つの小国家に集合されたが、山北の拠点は今帰仁(なきじん)城、中山の拠点は浦添(うらそえ)城(のちに首里(しゅり)城)、山南の拠点は島尻大里(しまじりおおざと)城であった(山南は内部抗争の結果、島添(しまそえ)大里城に拠点が移ったこともあるという)。1372年に中山王察度(さっと)が明(みん)に入貢して外交・交易関係を樹立すると、他の二山もただちに同様の関係を樹立して抗争を続けた。83年、明の太祖洪武帝(こうぶてい)は使臣を遣わして、対立をやめるよう三王に説諭したが、やまなかった。1406年、ダークホースのように登場する佐敷(さしき)按司尚巴志(しょうはし)は中山を攻略して覇権を手中にすると、16年には山北を、29年には山南を滅ぼして沖縄を統一し、琉球(りゅうきゅう)王国を発足させた。三山鼎立の時代を沖縄歴史では三山時代とも称している。[高良倉吉]
『高良倉吉著『琉球の時代』(1980・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三山の関連キーワード畝傍三不動天香山・天香具山天降り付く香具山・香久山三つの山天香山香具山三色の法則吾田媛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三山の関連情報