コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三山 サンザン

デジタル大辞泉の解説

みやま

福岡県南部にある市。平成19年(2007)1月、瀬高町・山川町・高田町が合併して成立。長茄子などの野菜や果実の生産が、海岸部では海苔の養殖が盛ん。人口4.1万人(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

三山

出羽三山▽月山(がっさん)、羽黒(はぐろ)山、湯殿(ゆどの)山
大和三山畝傍(うねび)山、香具(かぐ)山、耳成(みみなし)山

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

さんざん【三山】

三つの山。大和やまと三山(香具山かぐやま・畝傍山うねびやま・耳成山みみなしやま)・熊野くまの三山(熊野本宮・新宮・熊野那智大社)・出羽でわ三山(月山がつさん・湯殿山・羽黒山)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三山
さんざん

14世紀から15世紀初期の沖縄に存在した三つの小国家の総称。沖縄本島の北部一帯に山北(さんほく)(または北山(ほくざん))が、中部地方に中山(ちゅうざん)が、南部地方に山南(さんなん)(南山(なんざん))が鼎立(ていりつ)し抗争を繰り返していた。
 12世紀前後から沖縄では按司(あんじ)とよばれる首長が登場し、それぞれ政治的地域小単位を形成して、相互に対立を繰り返すようになった。この争乱のなかから、より強大化した按司が出現し、他の按司を従属させて広域的な勢力圏を構築するようになる。やがて沖縄本島を中心に三つの小国家に集合されたが、山北の拠点は今帰仁(なきじん)城、中山の拠点は浦添(うらそえ)城(のちに首里(しゅり)城)、山南の拠点は島尻大里(しまじりおおざと)城であった(山南は内部抗争の結果、島添(しまそえ)大里城に拠点が移ったこともあるという)。1372年に中山王察度(さっと)が明(みん)に入貢して外交・交易関係を樹立すると、他の二山もただちに同様の関係を樹立して抗争を続けた。83年、明の太祖洪武帝(こうぶてい)は使臣を遣わして、対立をやめるよう三王に説諭したが、やまなかった。1406年、ダークホースのように登場する佐敷(さしき)按司尚巴志(しょうはし)は中山を攻略して覇権を手中にすると、16年には山北を、29年には山南を滅ぼして沖縄を統一し、琉球(りゅうきゅう)王国を発足させた。三山鼎立の時代を沖縄歴史では三山時代とも称している。[高良倉吉]
『高良倉吉著『琉球の時代』(1980・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三山の関連キーワードマウンテンパーク津南スキー場熊本県阿蘇郡産山村田尻越後三山只見国定公園奈良県橿原市木原町奈良県橿原市大谷町奈良県橿原市南浦町中ノ岳・中ノ嶽白馬鑓[温泉]熊野那智大社橿原[市]美星[町]北岳・北嶽道應法親王越後三山天香久山白根三山能除太子内藤正敏お岩木山出羽三山

三山の関連情報