佐竹 新市(読み)サタケ シンイチ

20世紀日本人名事典の解説

佐竹 新市
サタケ シンイチ

昭和期の社会運動家 元・衆院議員(社会党)。



生年
明治33(1900)年12月5日

没年
昭和57(1982)年6月20日

出生地
広島県山県郡川迫村(現・千代田町)

学歴〔年〕
修道中卒

経歴
石炭販売外交員などをしたのち、大正13年頃から労農運動に参加し、昭和2年労働農民党広島県支部支部長となり、4年中国無産党を結成し広島市議となる。のち社会大衆党などで活躍し、8年広島統一労働組合結合結成大会で委員長となる。10年県議に当選。13年人民戦線事件で検挙され、起訴猶予となったが社会大衆党を除名される。14年中国に渡って21年帰国し、22年衆院議員に当選、4期つとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android