社会大衆党(読み)シャカイタイシュウトウ

デジタル大辞泉 「社会大衆党」の意味・読み・例文・類語

しゃかいたいしゅう‐とう〔シヤクワイタイシユウタウ〕【社会大衆党】

昭和7年(1932)安部磯雄党首に、社会民衆党全国労農大衆党との合同により成立した政党。反資本・反共・反ファシズム三反主義を掲げ勢力を伸ばしたが、しだいに右傾化。同15年解散。
沖縄社会大衆党」の略称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「社会大衆党」の意味・読み・例文・類語

しゃかいたいしゅう‐とう シャクヮイタウ【社会大衆党】

昭和七年(一九三二)全国労農大衆党と社会民衆党とが合同して結成した社会民主主義政党。委員長安部磯雄。反資本主義・反ファシズム反共産主義の三反主義をスローガンとする唯一の合法無産政党として活動したが、日中戦争の勃発後は急速に右傾して党内に対立を生じ、同一五年七月解党。社大党。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「社会大衆党」の意味・わかりやすい解説

社会大衆党 (しゃかいたいしゅうとう)

1932年7月全国労農大衆党社会民衆党の合同により結成された社会民主主義政党。満州事変直後,日本国内に侵略主義的熱狂状態が生じ,無産政党の中からも赤松克麿松谷与二郎など国家社会主義に転向する人々が続出した。このため孤立を恐れた両党は合同することによって危機をのりきろうとした。委員長安部磯雄(旧社民系),書記長麻生久(旧日労系)として結党し,機関紙《社会大衆新聞》を発行。社会民衆党の三反主義(反資本,反共,反ファシズム)を継承して,戦争に反対せず,反共主義立場をとり,他方で露骨な国家社会主義とも一線を画した。労働者,市民,農民の生活防衛を掲げて運動した。麻生ら一部幹部はファッショ的な軍部幕僚層を〈革新勢力〉とみてこれに接近し,陸軍パンフレット支持(陸軍パンフレット事件),二・二六事件賛美などの言動をくり返した。36,37年の総選挙では,唯一の大衆的無産政党である社会大衆党はファッショ化を阻止する役割を期待する労働者,市民層などの支持をも集めて躍進し,37名の代議士を擁するに至ったが,同党は反ファッショの姿勢をとることを拒否した。37年日中戦争がおこるといちはやく戦争協力を表明し,綱領を改定して階級闘争を否定し〈国体の本義〉に基づいて行動することを明らかにした。人民戦線事件では関係者を即時除名し,電力国家管理法案や国家総動員法案に対しては〈戦時革新政策〉とみて積極的に賛成した。さらに37年秋の党大会で新建設大綱を決定し,全体主義を原則とする国民の党となることを目標に掲げ,39年東方会との合同を策したが,これは失敗した。この間,党の路線をめぐって旧社民系と旧日労系との対立が激化し,主流派となった旧日労系幹部は40年斎藤隆夫代議士除名問題(反軍演説問題)で除名に反対する安部委員長ら旧社民系代議士7名と水谷長三郎を党から除名し,同年7月6日新体制運動率先参加すべく他政党にさきがけて解党した。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「社会大衆党」の意味・わかりやすい解説

社会大衆党【しゃかいたいしゅうとう】

1932年全国労農大衆党社会民衆党とが合同して結成した合法の無産政党。委員長は安部磯雄で,反資本・反共・反ファシズムを掲げ初期には反軍的行動をとったが次第に右傾化し,1940年近衛文麿新体制運動を唱えると,直ちに解党してこれに合流した。
→関連項目浅沼稲次郎麻生久河上丈太郎人民戦線事件鈴木文治

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「社会大衆党」の意味・わかりやすい解説

社会大衆党
しゃかいたいしゅうとう

日本の政党。 1932年7月 24日に全国労農大衆党と社会民衆党が合同して結成。安部磯雄が委員長,麻生久が書記長となった。満州事変以後,政治的,社会的に国内が動揺していたのに乗じて,旧政治勢力,軍部に対する第三勢力をつくることを目指した。「資本主義の打破」「無産階級の解放」などをスローガンに掲げ,軍需インフレ反対,農村救済などの運動を推進し,唯一の合法無産政党として勢力を拡大した。麻生派が主流派となり,33年のいわゆる陸軍パンフレット事件以後,軍に接近し,親軍工作に踏切り,「転換期日本の建設政策」を発表して,国民政党の色彩を強めた。日中戦争が起ると「聖戦協力」を唱え,また,人民戦線事件では関係者を除名。 37年「国体の本義」に基づく新綱領を採択し,38年,国家総動員体制に協力しつつ,全体主義への支持を強めた。 39年に東方会と合同を試みたが失敗し,安部が率いる旧社民系と,麻生の旧全労系の対立が深まり,40年斎藤隆夫の反軍演説をめぐって除名に反対した安部,片山哲西尾末広ら旧社民系8人を除名した。麻生をはじめ旧全労系の主流派は近衛文麿の新体制運動を積極的に支持し,新党に参加するために 40年7月6日他の党にさきがけて解散した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「社会大衆党」の解説

社会大衆党
しゃかいたいしゅうとう

1932年(昭和7)7月全国労農大衆党と社会民衆党が合同して結成された単一無産政党。委員長安部磯雄,書記長麻生久。主導権を握った旧全国労農大衆党の麻生・田所輝明,旧社会民衆党の亀井貫一郎らは陸軍の一部や革新官僚勢力と接近して方針転換を進めた。当初は不振だったが,36・37年の総選挙で躍進し,最大時37の議席をもった。日中戦争が始まると戦争遂行に協力。第1次近衛文麿内閣に対しては与党のようにふるまって国家総動員法を支持,38年の近衛新党運動には麻生・亀井らが中核として参加した。40年反軍演説を行った斎藤隆夫除名問題を契機に一部が分裂,主流派は同年近衛新体制運動に参画し,7月解党した。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「社会大衆党」の解説

社会大衆党
しゃかいたいしゅうとう

昭和前期の社会民主主義政党(1932〜40)
満州事変勃発後,社会民衆党と全国労農大衆党が合併し結成。委員長は安部磯雄,書記長は麻生久。反資本・反共・反ファシズムの立場をとり,満州国承認・国際平和を強調,日中戦争ころよりしだいに右傾化し,新体制運動に伴い解党。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の社会大衆党の言及

【解放】より

…(3)第3次 34年10月には渡辺潜を編集発行人として清談社から再び発行された。この《解放》は第2次の巻号を継承しているが,従来のものとは異なり総合雑誌の形をとらず,社会大衆党系の政論雑誌の性格をもっている。執筆者には,主宰者の麻生久のほか,田所輝明,菊川忠雄ら同党系の論者が多い。…

【無産政党】より

…1932年2月の総選挙で無産政党は得票26万票,当選5人と不振をきわめた。32年7月,社民党と全国労農大衆党は合同し,社会大衆党(社大党,委員長安部)を結成した。同党は労働組合の右翼的戦線統一とも密接なかかわりをもち,三反主義(反資本主義・反共産主義・反ファシズム)の方針を掲げたもののその〈反ファシズム〉はあいまいであった。…

※「社会大衆党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android