当選(読み)とうせん

精選版 日本国語大辞典「当選」の解説

とう‐せん タウ‥【当選】

〘名〙
① 選抜されること。選ばれること。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「外の二三冊と一所に放り込んで置いたのが、運悪く選したのである」 〔新唐書‐高崇文伝〕
② 選挙によって選び出されること。選挙によって選び出されたことが確定すること。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「秋野さんも定めて御当選で御座いませう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「当選」の解説

とう‐せん〔タウ‐〕【当選】

[名](スル)
選にあたること。選び出されること。「二等に当選する」
選挙によって選び出されること。「市会議員に当選する」⇔落選
[類語]入選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android