当選(読み)トウセン

デジタル大辞泉の解説

とう‐せん〔タウ‐〕【当選】

[名](スル)
選にあたること。選び出されること。「二等に当選する」
選挙によって選び出されること。「市会議員に当選する」⇔落選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせん【当選】

( 名 ) スル
選ばれること。 「懸賞小説に-する」
選挙で選び出されること。 ⇔ 落選 「国会議員に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐せん タウ‥【当選】

〘名〙
① 選抜されること。選ばれること。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「外の二三冊と一所に放り込んで置いたのが、運悪く当選したのである」 〔新唐書‐高崇文伝〕
② 選挙によって選び出されること。選挙によって選び出されたことが確定すること。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「秋野さんも定めて御当選で御座いませう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当選の関連情報