コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体外循環 タイガイジュンカン

デジタル大辞泉の解説

たいがい‐じゅんかん〔タイグワイジユンクワン〕【体外循環】

生体内の血液を体外に誘導し、酸素を付加したり老廃物代謝産物などを除去したりした後、再び体内に戻すこと。人工心肺人工腎臓などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

体外循環の関連キーワードがんの温熱療法(ハイパーサーミア)解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)ARDSをひきおこす病気日本アフェレシス学会プラズマフェレーシスアフェレーシス硫酸プロタミン血液透析濾過法胸部大動脈瘤免疫吸着療法交連切開術人工透析ヘパリン心臓外科人工血液温熱療法低体温法心臓鏡

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体外循環の関連情報