コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体大化法則 たいだいかほうそくlaw of increase in size

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体大化法則
たいだいかほうそく
law of increase in size

生物進化の一法則。同一系統に属する諸種は進化に伴って,次第に体が大型化し,著しく巨大化すれば絶滅に近いことを示すとみる。 E.D.コープ (1880) が唱えた。特にウマゾウなどで例証されるが,食料の不足などの条件下では体の小型化がかえって有利なことも考えられ,例外は多いと指摘する研究者もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

体大化法則の関連キーワード生物進化

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android