コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多い オオイ

2件 の用語解説(多いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお・い〔おほい〕【多い】

[形][文]おほ・し[ク]
数や量がたくさんある。物事がたびたび起こる。「商店が―・い」「交通事故が―・い」「―・いの少ないのと文句をつける」⇔少ない
全体の中で占めている割合が大きい。「子供に―・い病気」→多かり多く
[補説]「多し」は、中古には訓点語系に用いられ、和文系統には、連用形「多く」を除いて「多かり」の系列が用いられた。
[派生]おおさ[名]
[下接句]気が多い命長ければ恥多し歓楽極まりて哀情多し好事魔多し花の命は短くて苦しきことのみ多かりき

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおい【多い】

( 形 ) [文] ク おほ・し
物の数や量がたくさんある。豊富だ。 「人口が-・い」 「最近交通事故が-・い」
一定の分量の中で占める割合が大である。大半だ。 「 - ・くは誤解による中傷だ」 「 - ・くの人はそう思っている」
数量・度数が相対的に大である。 「彼の方が給料が-・い」
▽↔ すくない 〔古く「おほし」は「多」「大」の両方の意味を表したが、後に「多し」と「大きなり」に分化した。平安時代の和文では、終止形「多かり」、連体形「多かる」、已然形「多かれ」が用いられ、漢文訓読では、「多し」「多き」「多けれ」が用いられた〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多いの関連キーワード夥しい気味好い酸い残り多い柔い数多い聡い増える見目好い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多いの関連情報