多い(読み)オオイ

  • おお・い〔おほい〕

デジタル大辞泉の解説

[形][文]おほ・し[ク]
数や量がたくさんある。物事がたびたび起こる。「商店が―・い」「交通事故が―・い」「―・いの少ないのと文句をつける」⇔少ない
全体の中で占めている割合が大きい。「子供に―・い病気」→多かり多く
[補説]「多し」は、中古には訓点語系に用いられ、和文系統には、連用形「多く」を除いて「多かり」の系列が用いられた。
[派生]おおさ[名]
[下接句]気が多い命長ければ恥多し歓楽極まりて哀情多し好事魔多し花の命は短くて苦しきことのみ多かりき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多いの関連情報