何れをいずれ(読み)いずれをいずれ

精選版 日本国語大辞典の解説

いずれ【何れ】 を いずれ

どちらがどれということもない。どれもこれも。
滑稽本・浮世床(1813‐23)初「軽庵口の口入所は、縁談の世話印判の墨。孰(イヅレ)を孰(イヅ)れ地口のごとく、御町便小使無用(おんまちだよりこづかひむよう)、孰(イヅレ)を孰(イヅ)れ謬誤(あやまり)なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android