コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁談 エンダン

4件 の用語解説(縁談の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐だん【縁談】

候補者を挙げてする結婚や婿養子縁組みの話。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

縁談

縁談は、仲人に写真と釣書(つりがき)を渡すことから始まる。釣書には本人の履歴と家族について書くが、男性は収入状態も書いた方がよい。写真は、見合い用のもののほかに、スナップ写真を添えるのが望ましい

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんだん【縁談】

結婚や養子縁組などの話。結婚話。 「娘の-がもち上がる」 「 -がまとまる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縁談
えんだん

婚姻前の男女の縁組の話。わが国の結婚様式は、もともと一般の人でも貴人の間でも同じく、当人同士の話し合いで決まり、実際の婚姻成立のあとになって初めて親たちや仲間に告げて、承認を得るというのがごく普通の順序であった。したがって、いまの形の縁談はまったく必要のないものであったが、鎌倉時代以降、武士階級のなかの婚姻が当事者よりも家格とか、つり合いを重視するようになった結果、遠隔の地の男女が婚姻するという形となると、どうしても最初に男女の2人の間、あるいは両家の間をとりもつ人間が入用ということになって、これが後世の仲人(なこうど)の発生となった。前述のように武士階級に発生したとしても、一般の村人はまだまだ昔風の婚姻形式を守っていた。この縁談や仲人という考え方が一般人の間に浸透して、婚姻形式が変わったのは、いわば武士階級の模倣と、その生活へのあこがれが源となっている。[丸山久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縁談の関連情報