作り替え(読み)ツクリカエ

大辞林 第三版の解説

つくりかえ【作り替え】

作り替えること。また、そのもの。改作。
中世、貸主が利息を元金に繰り入れて改めて借書を作ること。利息が元金を超えてはならない定めがあり、その制約を免れるために行われた。また、その借書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作り替えの関連情報