コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使用済(み)核燃料(読み)シヨウズミカクネンリョウ

百科事典マイペディアの解説

使用済核燃料【しようずみかくねんりょう】

原子炉で使用された後の核燃料棒で,ウランやプルトニウムを大量に含む,きわめて高いレベルの放射性廃棄物。原発などから大量に廃棄されるが,その危険性と処理の難しさから,処理が世界的な問題となっている。使用済燃料から,ウランやプルトニウムを抽出して核兵器製造に転用することも可能。原子炉で使用された使用済燃料棒は,通常,原子炉内の貯蔵プールで数年冷却保管され,その後核燃料サイクルで使われるために再処理過程に回される。2011年3月の東京電力福島第一原発の大事故では,原子炉の全電源喪失から原子炉の炉心冷却装置・非常用炉心冷却装置・冷却水巡回系が稼働しなくなり,原子炉および使用済核燃料の貯蔵プールの水位が低下。1〜6号機まである同原発の全基のプールにある核燃料集合体は計4546本。定期検査中で炉内の燃料がすべてプールに移されていた4号機では,核燃料プール付近で水素爆発が原因とみられる火災を起こし,プールの水位が下がって使用済核燃料が露出し,水素が発生して爆発,さらに燃料が大きく損傷したとみられている。大量の放射性物資が大気中に放出された。放射能の大漏洩である。また原発敷地内できわめて高い放射線を出し続けた。貯蔵プールに水を補給する冷却システムが働かず,燃料の熱で水が蒸発しさらに過熱した燃料が損傷する恐れがあることから,東京電力は外部から貯蔵プールに海水などを大量に投入,使用済核燃料棒を水没させる方策がとられた。爆発で建屋が崩壊した他の使用済核燃料貯蔵プールにも同様の方策がとられた。2011年12月,野田首相は事故の収束を宣言したが,敷地内の大量の汚染された瓦礫の撤去はもちろん建屋の解体を進めたうえで,核燃料取扱機などを内蔵し建屋から独立した骨組みを設置しなければならず,使用済み核燃料の取り出し作業は2013年11月に着手。2014年12月には4号機の取り出しは完了したものの1〜3号機については燃料が溶解しデブリ状態となっているため,今後30〜40年かけて作業を行っていく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の使用済(み)核燃料の言及

【核燃料】より

…原子燃料ともいい,原子力のエネルギーを原子炉によって利用する際,エネルギーを発生する源になるものをいう。核融合反応を利用する核融合炉での使用が想定される重水素,三重水素なども広義には含むが,一般には核分裂反応を利用する原子炉で使用するもののみをいい,ウランU,プルトニウムPu,トリウムThのいずれか一つ,またはその組合せである。 ウランのおもな同位体はウラン238 238Uとウラン235 235Uであって,それぞれ天然存在比は99.27%と0.72%である。…

【核燃料サイクル】より

…原子力をエネルギーとして利用するために用いられるウランUの一生を核燃料サイクルという。原子力には核分裂エネルギーと核融合エネルギーとがある。核分裂エネルギーの利用では,燃料にはウラン以外にもトリウムThが考えられ,また核融合エネルギーの利用で考えられている燃料は水素の同位体である重水素2H(ジュウテリウム)と三重水素3H(トリチウム)である。これらの燃料についても核燃料サイクルという言葉を用いることがあるが,現実にはまだ利用されていないので,今日では核燃料サイクルといえばウランについてのサイクルを意味する。…

【核燃料再処理】より

…原子炉の使用済燃料の中から核燃料物質を回収することをいい,あるいは使用済燃料再処理,または単に燃料再処理ということもある。核燃料が原子炉で使用されると,(1)核分裂生成物がしだいに蓄積してきてこれによる中性子吸収が増加し炉の運転が難しくなる,(2)核分裂生成物の蓄積や放射線損傷により核燃料の機械的性質などが変化し燃料体が損傷するおそれがある――ために,ある期間使用したあとはこれを取り出し新しい核燃料と交換する。…

※「使用済(み)核燃料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる