供頭(読み)トモガシラ

デジタル大辞泉 「供頭」の意味・読み・例文・類語

とも‐がしら【供頭】

武家時代ともの人々を取り締まった役。また、その役の人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「供頭」の意味・読み・例文・類語

きゅう‐じゅう‥ヂュウ【供頭】

  1. 〘 名詞 〙きゅうじゅうあんじゃ(供頭行者)」の略。
    1. [初出の実例]「供頭。堂司。庫司。炭頭。調菜」(出典:庭訓往来(1394‐1428頃))

とも‐がしら【供頭】

  1. 〘 名詞 〙 武家時代、供まわりを取り締まる役。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android