コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭頭 スミガシラ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐がしら【炭頭】

一俵の中の特に大きな炭。 冬》「池田炭や名のる天下の―/宗因
よく焼けていないためにいぶる炭。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

炭頭の関連キーワード