コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保俶塔 ほしゅくとう

1件 の用語解説(保俶塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほしゅくとう【保俶塔】

中国の浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)(ハンチョウ)の西湖北岸にあり、宝石山に立つ塔。北宋統一後の900年に、呉越王が都へ出発する際、無事を祈る伯父が建立した。現在の塔は1933年に修復された。6面7層からなるこの塔は、細身で優美さをたたえた西湖湖畔に立つ美人にもたとえられ、「保俶は美人の如し」と古くから親しまれている。朝夕の時刻により、趣きを変える美しい塔である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保俶塔の関連キーワード洪昇浙江省無門慧開杭州湾浙江杭州絹杭州国際マラソン蒋洲鄭舜功

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone