コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝夕 アサユウ

デジタル大辞泉の解説

あさ‐ゆう〔‐ゆふ〕【朝夕】

朝と夕方。朝と晩。
(副詞的に用いて)いつも。常々。「朝夕通る道」「朝夕勉学にいそしむ」
《朝晩の食事の意から》暮らし。生計。
「―にせまり、かかる侘びしき営みを仕(つかまつ)る」〈浄・出世景清
[補説]気象庁の天気予報等では、0時頃~9時頃と、15時頃~18時頃を指す。→朝晩

ちょう‐じゃく〔テウ‐〕【朝夕】

《古くは「ぢょうじゃく」とも》
公人朝夕人(くにんちょうじゃくにん)」の略。
ちょうせき(朝夕)

ちょう‐せき〔テウ‐〕【朝夕】

朝と夕方。あさゆう。
(副詞的に用いて)朝から晩まで。毎日。いつも。
「―一所に生活していたのは、小六の十二三の時迄である」〈漱石
朝晩の食事。朝食と夕食。また、食事。
「我のみ酒臭き息を吐きても、与太郎へは―を欠かしめし事も多かりき」〈柳浪黒蜥蜴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじゃく【朝夕】

鎌倉幕府には朝夕雑色(ぞうしき)(昼夜雑色),室町幕府には公人(くにん)朝職名があるが,これを略して単に朝夕ともいった。小舎人,小者雑色などと同格軽輩で,幕府に仕えて,文字どおり朝から夕まで,書状配達,的(まと)づくり,罪人糺問,道路の清掃などの雑務に携わったところからこの職名がおこった。朝夕の役目には,以上のような雑務のほかに,参内など将軍の外出に際して,将軍の車輿のそば近くに小用(尿)筒を持って参列するということがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あさゆう【朝夕】

朝と晩。
(副詞的に用いて)いつも。常に。 「 -なれ親しむ」
〔朝夕の炊事の煙、つまりその日の暮らしの意から〕 生計。暮らし。 「 -を送りかねゐけるが/咄本・露が咄」

ちょうじゃく【朝夕】

朝と夕。ちょうせき。
「朝夕雑色ぞうしき」「朝夕人にん」の略。

ちょうせき【朝夕】

あさとゆうがた。あさゆう。
いつも。あけくれ。日常。毎日。副詞的に用いる。 「 -その重恩を思う」
あさばんの食事。 「 -に食ひ余して/浮世草子・永代蔵 1
その日。一日。 「万事当座買ひにして-を送れば/浮世草子・胸算用 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝夕の関連キーワードハーフペンション/フルペンション片旅籠・片旅篭ラッシュアワー頤で蠅を追う柩前日供の儀這ひ徘徊る公人朝夕人法華八講天の御門打ち絶え大物忌み浮世草子五日十座朝祈暮賽冷え込み走らかし持仏堂心遣り朝夕人不足前

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝夕の関連情報