朝夕(読み)ちょうせき

精選版 日本国語大辞典「朝夕」の解説

ちょう‐せき テウ‥【朝夕】

〘名〙
① 朝と方。あさゆう。転じて、あけくれ。毎日。ふだん。副詞的にも用いる。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「竊以、朝夕佃食山野者、猶無灾害而得世」
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「借(かす)人なければ万事当座買にして、朝夕を送れば」 〔詩経‐小雅・何艸不黄〕
② (━する) 朝と夕方の食事。朝食と夕食。転じて、食事をとること。また、食事。
※発心集(1216頃か)二「この聖、更に自ら朝夕(テウセキ)のことを知らず」
③ (━する) 常々いっしょにいること。いつも接していること。
※蘭東事始(1815)上「我輩、常に阿蘭陀人に朝夕してすら、容易に納得しがたし」
④ 時間的に、すぐ近くであるさま。間近。旦夕。
※徒然草(1331頃)四九「今、火急の事ありて、既に朝夕に迫れり」

あさ‐ゆう ‥ゆふ【朝夕】

〘名〙
① 朝と夕べ。朝晩。ちょうせき。また「毎日」「常に」などの意で副詞的にも用いる。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「もろともにあさゆふわかずみそぎせしはやくのせぜに思ひでらるる」
※徒然草(1331頃)一四〇「朝夕なくてかなはざらん物こそあらめ」
② 朝夕の炊煙、食事。渡世。経済。
※虎明本狂言・連歌盗人(室町末‐近世初)「朝夕さへ成かぬるなりで、かやうに心がくる事」

あした‐ゆうべ ‥ゆふべ【朝夕】

〘名〙 (古くは「あしたゆうへ」) 朝と夕方。朝晩。いつもいつも。
※万葉(8C後)一五・三七六七「魂は安之多由布敝(アシタユフヘ)にたまふれど吾が胸いたし恋の繁きに」
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「あしたゆふへに頼み聞えつるにこそ命も延び侍りつれ」

ちょう‐じゃく テウ‥【朝夕】

〘名〙 (「じゃく」は「夕」の呉音。古くは「ぢょうじゃく」とも)
① 「くにんちょうじゃく(公人朝夕)」の略。〔文明本節用集(室町中)〕
※詩序集(1133頃)月前弾雅琴詩序〈藤原有業〉「藻思之客、朝(シャク)吟詠之間

あさな‐ゆうな ‥ゆふな【朝夕】

〘副〙 朝に夕に。朝晩。いつも。
※万葉(8C後)一一・二七九八「伊勢の白水郎(あま)の朝魚夕菜(あさナゆふナ)に潜(かづ)くといふ鰒(あはび)の貝の片思ひにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「朝夕」の解説

ちょう‐じゃく〔テウ‐〕【朝夕】

《古くは「ぢょうじゃく」とも》
公人朝夕人(くにんちょうじゃくにん)」の略。
ちょうせき(朝夕)

あさ‐ゆう〔‐ゆふ〕【朝夕】

朝と夕方。朝と晩。
(副詞的に用いて)いつも。常々。「朝夕通る道」「朝夕勉学にいそしむ」
《朝晩の食事の意から》暮らし。生計。
「―にせまり、かかる侘びしき営みを仕(つかまつ)る」〈浄・出世景清
[補説]気象庁の天気予報等では、0時頃~9時頃と、15時頃~18時頃を指す。→朝晩

ちょう‐せき〔テウ‐〕【朝夕】

朝と夕方。あさゆう。
(副詞的に用いて)朝から晩まで。毎日。いつも。
「―一所に生活していたのは、小六の十二三の時迄である」〈漱石
朝晩の食事。朝食と夕食。また、食事。
「我のみ酒臭き息を吐きても、与太郎へは―を欠かしめし事も多かりき」〈柳浪黒蜥蜴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「朝夕」の解説

ちょうじゃく【朝夕】

鎌倉幕府には朝夕雑色(ぞうしき)(昼夜雑色),室町幕府には公人(くにん)朝夕の職名があるが,これを略して単に朝夕ともいった。小舎人,小者雑色などと同格軽輩で,幕府に仕えて,文字どおり朝から夕まで,書状配達,的(まと)づくり,罪人糺問,道路の清掃などの雑務に携わったところからこの職名がおこった。朝夕の役目には,以上のような雑務のほかに,参内など将軍の外出に際して,将軍の車輿のそば近くに小用(尿)を持って参列するということがあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android